赤ちゃんからお年寄りまで
安心のファミリークリニック

地域のかかりつけ医、またぜんそくを中心にした呼吸器・アレルギーの専門医として、開院以来22年間診療を続けて来ました。赤ちゃんから幼稚園や小学校に通う子供たち、そのご両親、おじいちゃま、おばあちゃままで診せていただくファミリー内科です。

初診の方はこちら

予防接種のご案内

医師紹介

当院へのアクセス

診療案内

当院は基本的に予約制のクリニックです。詳細は予約方法をご覧ください。
予約はインターネットを利用してとっていただいていますが、インターネットを利用されていない方、あるいは予約方法がご不明な方は、直接電話にて予約をとらせていただきます。電話は診療時間内にお願いします。

診療時間

診療時間
AM 8:40~12:00
PM 3:40~7:00

※水・日・祝日は休診日となります

休診日

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

休診日

午後休診

治療方針

私たちの考え方は特に変わったことではなく、現代医学の見地から標準的なものです。しかし解熱剤・抗生物質の使用方法など、いわゆるこれまでの”開業医の常識”とは異なる面もあるようです。当院ではこどもたち対しては、少量のアセトアミノフェン以外には原則として解熱剤は処方していません。全体としてくすりは少な目です。

“かぜ”と考えられる患者さまには、少々熱があっても抗生物質を処方しないことも多いです。当院の考え方をよくご理解いただき、科学的根拠に基づいた治療法を受け入れて下さる患者さまが数多く来院され、心強く思っています。

最良の喘息管理を

近年、喘息は軽症化し、いわゆる喘息死も激減しています。 しかし軽症喘息であっても、治療が不十分のため生活の質が脅かされていることは多いです。 咳喘息のために受験勉強がうまくいかないケース、運動誘発喘息のためサッカー選手を諦めそうになったケース、夜間の咳のため不眠となるケースなど、軽症の喘息であっても、これらのデメリットは、はかり知れません。 止まりにくい咳の背景に喘息がかくれていることも多いようです。
喘息としての正しい治療を十分に受けることが、これらの問題を解決します。
当院にご相談ください。最良の喘息管理を提供します。

未来を担う子どもたちのために

21世紀を担う子供たちの心身の健康を守り、社会性をはぐくむことを使命とする小児医療は、私にとっても魅力のある分野です。特に呼吸器疾患を専門とする当院では、小児ぜんそくの子供たちに、最良の治療・管理を提供しています。
ぜんそく以外のこどもの病気についても幅広く診察させていただいております。何でもご相談ください。

他院との連携をとって

呼吸器の病気については、専門的な対応が可能です。 その他の多くの内科疾患に対して認定内科医として現代の医学的水準の診療ができます。 小児科の一般的な病気にも対応します。 しかし病気はきわめて多様で、私一人だけで出来る守備範囲はかぎられています。 当院をバックアップしてくれる医療機関との連携を大切にし、必要な時には、それぞれの医療機関へ紹介させていただき、診断・治療のコーディネータとしての役割をはたしていきます。
名古屋第二赤十字病院、名古屋記念病院、聖霊病院、愛知県がんセンター病院
名古屋市立大学病院などの登録医として、それぞれの病院の専門医と連携をとりながら診療にあたっています。

アクセス

松田内科クリニック

名古屋市天白区元植田1-3002

お車でお越しの方へ

国道153号線より『植田中学校北』交差点を南東方向に曲がり、車で1分、高木皮膚科様の手前を右折すると、約20台分の駐車場があります。